2016年3月25日金曜日

レッスン7☆バックスイング時の右足が重要

週一のレッスン!今回で7回目のレッスンです。

今回は、ショートホールでのミスについてとドライバーが不安定なことについてです!!

まず、ショートホールのミスについてですが、
私の場合バックスイング時に右足が伸び上がり肩を左側へ倒す傾向があり
クラブが外から入ってしまうミスとクラブが寝て入ってしまうミスが出るようです。

心当たりがあり過ぎて納得するしかない。。。



バックスイング時、右足が伸びないように意識するだけで良く当たります!

そこに慣れてきたら、入射角を変える為(クラブが寝て入らないように)、上から当てられるようにパンチショットのようにフォローを低い位置で止める練習です。

ヘソの位置をバックスイングでは右下、フォローでは左下に向けるように打つ。これはなかなか難しいんですが、上手く行くと理想的な高さ、飛距離が出ます。

この入射角で打てるようになれば、フルスイングでもっと飛距離が出るようです。

ひたすら練習!!!


次にドライバー。

ドライバーもアイアン同様にバックスイング時、右足が伸びていて肩を左側へ倒す傾向がある為、左足に体重が残ってしまいフェースが開いてインパクトを迎えてしまい右へのミスと外からクラブが入って左へのミス、スライスが出るようです。

ドライバーでは、スタンスを狭くして完全に右足へ体重を乗せる練習です。

その感覚に慣れる為、左足はつま先を立てて体重を掛けず
右足だけで打つ練習をしました。

これは本当に疲れる。右足の土踏まずが攣りそうになりながらやりましたが、右足だけの方が方向性は全然バラけません。

飛距離も230ヤードぐらい出てるので本番もコレでいいんじゃないかな?
かなり格好悪いけど笑

この練習を続けてドライバー・アイアン共に方向性を安定させたいと思います!!

 ↓↓↓ポチっとこのブログの応援をして頂けると嬉しいです♪ 
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る