2015年10月11日日曜日

スイングの土台作り芹澤メソッド★L・L打ち

ようやくニューアイアンが届いてテンションが上がるがままに練習場へ行ったのですが、以前と変わらず思うように当たらない。。



これは、スイング自体に問題があるのだろうと思い、芹澤先生の練習方法
L・L打ちを実践しました。

L・L打ちとは
身体の中心軸を動かさず、身体の正面で腕を返して(ヘッドを走らせて)ボールをとらえる。バックスイングで左腕を伸ばして右腕をたたみ、トップを肩の高さで止め左腕とクラブでLになるようにして、フォローでは右腕を伸ばして左腕をたたみ肩の高さで右腕とクラブがLになるようにする事。

まずは、ステップ1
スタンスをシューズ1足分の広さで50ヤードぐらいを打つぐらいの力感でL・L打ちをします。

簡単そうに見えて中々難しい。
全然目標方向に飛んでくれませんが何球も試していくと
やっていく中で上手くいくコツのようなものを感じました。

当たり前の事かもしれませんが、力まず、バックスイングからインパクトまでしっかり左腕を伸ばしていられるかが大事だと思いました。


ある程度目標方向に飛ぶようになったら(軽くドローになるのが正解)次のステップへ!

ステップ2
通常のスタンスの広さにして8割ぐらいの力感でL・L打ちをします。

ステップ2は明らかに右に飛んでしまう事が多かった。これは腕が返しきれていない事が原因だと思い、ダウンスイングが腰ぐらいの位置で腕を返すぐらいの気持ちにしたら丁度良い感じでした。

今まで、トップやシャンクばかりになっていた状況がミート率が上がり8割の力で今までと同じぐらいの飛距離がでました。また、方向性もよくなりました!!

ステップ3もあるのですが、これはもう少しステップ2が上達してからだと思いましたので今日はステップ1とステップ2を繰り返す練習のみにしました。

今日1日だけなので明日のラウンドでは付け焼き刃感は否めませんが、これを日々練習する事が上達に近づく事を実感しました!!

これからは、むやみに打つだけの練習ではなく、このL・L打ちを中心に練習して行きたいと思います!!

明日はニューアイアンのデビュー戦。
アイアンの感想はまた今度♪

では頑張ってきます(`・ω・´)ゞビシッ!!



↓↓↓ポチっとこのブログの応援をして頂けると嬉しいです♪ 
にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る